スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SMシーズン2使用構築 最高最終レート2201

一足先にシーズン2お疲れ様でした。
前シーズンの結果があまり振るわなかったので、今シーズン頑張ってなんとか2200に乗れて嬉しかったです。
今回使用した構築を紹介したいと思います。


blaziken-f.gif  landorus-therian.gif  primarina.gif

hydreigon.gif  metagross-mega.gif  porygon-z.gif


<個別紹介>

blaziken-f.gif

バシャーモ@草Z
ひかえめ
155(0)-X-90(0)-178(252)-91(4)-132(252)
きあいだま、だいもんじ、ソーラービーム、まもる

途中まで珠めざ氷の型を使っていたんですが、レヒレナットの並びが重いので草Zにしました。
決まれば3タテもあるんですがスカされた時のリスクも大きく、後半は皆警戒していたので思うように刺さりませんでした。

landorus-therian.gif

ランドロス@ゴツゴツメット
わんぱく
191(212)ー165(0)ー152(228)ーxー100(0)ー119(60)
地震、とんぼがえり、岩石封じ、ステルスロック

個人的に最も信頼している物理受け枠。
調整はORASの時から変えていません。

primarina.gif

アシレーヌ@アシレーヌZ
ひかえめ
177(172)ー81(0)ー104(76)ー195(252)ー137(4)ー81(4)
うたかたのアリア、ムーンフォース、ほろびのうた、アクアジェット

バトンパとグライオン対策に入れました。
耐久調整は補正なし霊獣ボルトの10万耐えと補正ありミミッキュの妖Z耐えぐらいだったと思います。

hydreigon.gif

サザンドラ@こだわりスカーフ
せっかち
167(0)ー133(60)ー99(0)ー177(252)ー110(0)ー157(196)
りゅうせいぐん、あくのはどう、かえんほうしゃ、いわなだれ

パーティ全体的にSが遅いので、相性補完も兼ねてスカーフサザンドラを入れました。
ウルガモスに舞われたら受けれるポケモンがいないので、岩雪崩を採用しました。※臆病ガモスは無理です
物理よりは特殊を受ける機会が多いのでB下降補正にしました。

metagross-mega.gif

メタグロス@メタグロスナイト
ようき
155(0)ー187(252)ー151(4)ーXー110(0)ー134(252)
アイアンヘッド、冷凍パンチ、かみなりパンチ、バレットパンチ

パーティに電気枠がいないので、カプ・レヒレ、ギャラドスなどを呼ぶため雷パンチを採用しました。
地震が欲しい時もあったのですが、地震を打ちたいギルガルド、バシャーモに対面で勝てず交代読みで打つ場面も少なかったので外しました。ヒードランには打てますがそもそもこのパーティにヒードランがあまり来なかったです。

porygon-z.gif

ポリゴンZ@ノーマルZ
おくびょう
適応力
161(4)ーxー90(0)ー187(252)ー95(0)ー156(252)
はかいこうせん、10まんボルト、冷凍ビーム、わるだくみ

低速~中速の高耐久ポケモンのサイクルを崩すために採用しました。
あくのはどうが欲しい場面が多かったので冷凍ビームを外してもいいかもしれません。



選出はほとんどランドロス+メタグロス+@1でした。
Z持ちが3体いますが、被って選出することも少なくバシャ以外はZがなくても使えるので困る機会はほとんどなかったです。


今シーズンマッチングした方ありがとうございました!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。